コンテンツ CONTENT

営業
時間
午前 9:00~11:30
午後 13:00~18:00
(最終受付17:40)
定休
日曜日・水曜日・祝日
駐車場
2台あり
当院の北東側
「宮前駐車場」
最寄
「河内松原駅」より徒歩10分

健康であるために

ピンピンコロリと逝きたい

よく言われる言葉です。
ピンピンは元気に、コロリと逝くは苦しまずにパタンと・・。
みなさん理想は間違いなくこれだと思います。

絶対にこうなれるかどうかは分かりませんが、そのためにやってほしい事を今回は書きます。

歩こう!

これに尽きます。
元気な高齢者の方々はとにかく足腰が強い。しかも動く。

手術をしてても、人工関節を入れていても歩く、歩く。
少し怪我、病気等で筋力落とし弱った時でも「歩かないと弱るよ」の一言でスイッチオン!
痛くてもしんどくても少しの時間を見つけ、作り歩きます。
こちらがそんなに歩いたの!?と驚くくらい歩きます。

逆に歩かない方は、若くても弱ります。
痛いから、今日はしんどいからと出来ない理由を探して歩きません。

この差は後々大きな差として現れます。

世代が若くなるほど歩かない

歩こう!
90前後の方達は子供の頃からよく歩いていました。今ほど交通機関も発達しておらず、各家庭、各自が運転免許を持っている時代ではなかったからです。

世代が若くなるにつれ運転免許の保有者も増え、近場であっても車移動、電車に乗るのでも駅まで自転車で行き電車。と歩いている距離、歩数が圧倒的に少なくなっています。

大阪府が提供しているアプリ『アスマイル』。歩くことでポイントを獲得して抽選で何かをゲットできたりする健康増進アプリ。
今年度は10代が健闘していますが、現役世代のポイントの低さは燦々たるものです。若い人はこんなアプリ使ってないとの声が聞かれそうですが、アプリの有無に関わらず結果はこれと大差ないと思います。

歩かないと

足腰が弱ることで日常生活の質は大きく下がります。

昨今高齢者の自動車事故が大きくニュースに取り上げられ、免許の返納という言葉をよく聞くようになりました。
しかし、事故はなくなりません。事故を起こした方を見て「あんなに歩けないのに運転なんかして」と思ったことはありませんか?人を責めることは出来ますが自分自身がそういう事故を将来起こす側しなるかもしれません。

どうしても年齢を重ねるにつれ筋力、体力は落ちます。
若いうちから筋力、体力が無い人が年齢を重ねて、落ちた時にどうなると思いますか?

今、想像した未来になる可能性があります。

無理矢理でも歩く理由を作ろう

元気でいたいのなら歩きましょう。

買い物に行く時だってリュックを背負い歩いていきましょう。
そんなに一度に大量買いしなくてもいいはずです。1回で無理なら2回でも3回でも行けばいいんです。

暇じゃない、めんどくさいと嫌な理由を探すのはやめましょう。
できる事から始めたらいいんです。

エレベーターやエスカレーターを使わずに階段にする。駅まで歩いて行く等、今できることから始めましょう。
筋力低下で動けなくなるとピンピンコロリとは逆になりますよ。

身体のバランスが崩れた状態で歩いても効率は良くありません。
当院で全身の調整もできますので気になる方はお問い合わせください。